LEDと水銀灯の違い?水銀灯の特徴と種類は?工事見積りの前に基礎知識もチェック

水銀灯の特徴と種類

ガラス管内部で水銀蒸気中のアーク放電で発生する光放射を利用した照明を水銀灯と言い、高圧タイプと低圧タイプに分けることができます。

白熱電球と比較した場合の発光効率が良く、倉庫内や工場をはじめ光量が必要な空間で使用されていますが、一度消灯すると発光管内部が冷えるまでの10分ほどは再点灯できません。一般的な水銀灯のほかオレンジ色の温かみがある「高圧ナトリウムランプ」、ランプ効率が良く演色性に優れた「メタルハライドランプ」、安定器の役割を内蔵した「バラストレス水銀灯」があります。

これまであらゆる施設や設備の照明に用いられてきた水銀灯ですが、今では水銀灯の役割に加え、それ以外のメリットを備えた様々なLED照明が開発されています。水銀灯からLEDへの交換を検討している方は、その機能を比較して下さい。

水銀灯をLEDに変更するなら開発から施工取付工事まで一貫している会社がベストです

水銀灯をLEDに変更するなら開発から施工取付工事まで一貫している会社がベストです

水銀灯をLED照明に変更する際は、まずは「無料診断」を受けてください。

最近は、一般的な蛍光灯や水銀灯からLED照明へ交換することを検討する企業や工場も少なくありません。

LED化に伴う提案から施工工事までを通じて、全体で総額いくらのコストがかかるのか、それによって、電気代はいくら下がるのかを明確にしましょう。   下がった電気代とLED照明にするコストが見合っているか、見合っていない場合は、見合わなくても交換する理由があるのか。考えてみましょう。

  

御社にあった照明器具が選ばれているのかも大切です。開発から取付まで一貫して行っている企業であれば、    現在の水銀灯や蛍光灯の照明器具からどのようにLEDに変更するのが一番良いのか、きっとお勧めを提案してくれます。

LED照明と水銀灯の違い

LED照明と水銀灯の違いを明確に答えられますか?

LEDと水銀灯の違いは、圧倒的な寿命の差と、消費電力(電気代)の差が一般的に知られていることですが、それだけでしょうか?

実は、世の中にある水銀灯と交換するLED照明のほとんどは、 一度交換してしまうと、ランプ交換出来ないってご存知ですか?今お使いの水銀灯や蛍光灯は、ランプを交換する事ができますが、同じようにはメンテナンスでいなくなるものがほとんどです。工事見積りをしてくれた会社は、それを教えてくれていますか?

LEDと水銀灯の違い工事見積りなど、LED導入前に解決しておきたいお悩みは様々なものがあると思います。

お役立ちコンテンツ

LEDと水銀灯の違いについてや工事見積りのご依頼先

社名(商号)
株式会社ウティル / utile,Inc
本社所在地
〒 104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
銀座大栄ビル5階
電話/FAX
03-4360-8744/03-5539-4775
ホームページ
http://www.utile.jp