水銀灯をLEDにすれば経費削減に!開発から施工までトータルサポート~LEDに取り替えた場合の経費処理~

LEDに取り替えた場合の経費処理はどうなる?

LEDに取り替えた場合の経費処理はどうなる?

水銀灯や蛍光灯をLED照明に取り替えた場合、税務上費用負担をどのように経費処理するかは、悩ましい問題です。

固定資産の修理・改良のために支出した金額は、基本的に「修繕費」となります。そして、固定資産価値を高めるために支出した金額は「資本的支出」と解釈されます。

LED照明などの照明器具は、あくまで照明設備を構成する部品の一つに過ぎず、一部品の性能を高めただけでは、建物自体の価値が高まったとはいえません。そのため、水銀灯・蛍光灯のみをLED照明に取り替える場合は、原則として修繕費として処理することが可能です。

一方、建物附属設備である照明設備についても併せて工事を行う場合は、単なる部品交換ではなく設備交換に該当します。この場合、金額や取引内容に応じて検討が必要です。

例えば、天井や廊下などに埋め込まれた照明ですと、設備そのものの交換が必要となり、一定規模の工事が発生します。このケースでは、照明設備自体の価値を増加させたとして、資産計上が必要になるケースもあります。また、税務上の取り扱いについては、個別に判断する必要がありますので、顧問税理士にご相談下さい。

水銀灯をLEDにすれば大幅に経費削減できます!

水銀灯をLEDにすれば大幅に経費削減できます!

LEDは水銀灯より消費電力が少ないため、経費削減に絶大な効果が得られます。オフィスや工場などの照明器具交換をお考えでしたら、【株式会社ウティル】にご相談下さい。省エネ・省コストの方法を知り尽くした専門スタッフが在籍し、LEDはもちろん、オフィス全体の経費を考えたトータルプランニングを行っています。

実際にどのくらい経費削減ができるのか、必要な照明の明るさ、製品に関することなど、些細なことでもお気軽にご相談下さい。ご要望に応じて無料でコストシミュレーションをいたします。

経費削減で水銀灯をLEDに切り替える際の疑問を解決

経費削減で水銀灯をLEDに切り替える際には、様々な疑問や悩みが出てくるものです。豊富な導入実績のある【株式会社ウティル】にお任せいただければ、商品開発から設置工事、アフターフォロー、補助金の申請までトータルにサポートいたします。LED導入に関する疑問やご質問などがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

お役立ちコンテンツ

経費削減に水銀灯をLEDにお考えなら【株式会社ウティル】まで

社名(商号)
株式会社ウティル / utile,Inc
本社所在地
〒 104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
銀座大栄ビル5階
電話/FAX
03-4360-8744/03-5539-4775
ホームページ
http://www.utile.jp